人気の婚約指輪でハートを射止める~トレンドリングで心を掴む~

リング

結婚の決まった証

指輪

購入に必要な考え

婚約指輪を用意しようとするときには、注意しないといけないポイントがあります。それは、婚約指輪とは原則オーダーメイドだということです。これは結婚指輪も同様です。サイズ、デザイン、宝石の種類、地金の種類などをひとつずつ決めた上で一から作るものであるため、プロポーズを思い立ったその日に用意することは基本的には難しいです。なかには、プロポーズ用のリングを準備してくれるジュエリーショップもあるので、そういったところでプロポーズの際はリングを用意して、改めて彼女と一緒に婚約指輪を買いに行くという方法もあります。やはりサプライズで用意したいという場合は、サイズ直しを無料で行ってくれるかどうかもチェックしておきましょう。せっかくプレゼントしてもサイズが合わなければ身につけることができません。また、指のサイズが変わることもありえます。そういった状況に対応してくれるジュエリーショップを選びましょう。

取り組み方を知ろう

近年では、結婚にまつわるイベントは縮小傾向になっています。その流れを受けて、婚約指輪の存在やデザインなども変わろうとしています。かつては婚約指輪は給料3ヶ月分といわれていましたが、現在の主流は20〜30万円ほどです。結婚を前提につきあっているカップルだと、婚約指輪の用意自体しないカップルも増加傾向にあります。また、用意する場合も、結婚した後も日常的に使わないともったいないという風に考える女性が増えてきているため、結婚指輪と重ねづけのできるデザインに人気がでてきています。そのため、かつては立て爪で宝石を留めた華やかなデザインが主流でしたが、現在は日常的に使いやすい比較的シンプルやデザインが人気となっています。今後も、日常的に使えるデザインが主流になっていくと予測されます。